岩手県久慈市
背景色
文字サイズ変更
文字を小さくする文字を大きくする文字を標準サイズにする
現在位置:HOMEの中の市民のみなさまへの中の教育・文化・スポーツの中の学校教育から公立小中学校の耐震化について(平成29年4月1日現在)

市民のみなさまへ

公立小中学校の耐震化について(平成29年4月1日現在)

1 はじめに

 学校施設は、児童生徒が一日の大半を過ごす学習・生活の場であるとともに、災害発生時には地域住民の避難場所となるなど 防災拠点としての役割も担っており、施設の安全性の確保は極めて重要となっております。
 そのため学校施設では、非木造の2階建て以上または延べ床面積200平方メートルを超える施設及び、木造の3階建て以上または延べ床面積500平方メートルを超える施設の建物(棟ごと)を対象に、耐震性の確保が求められています。

2 久慈市の現状

 本市の耐震性の確保が求められている対象棟数は、小中学校23校(分校含む)の校舎42棟と屋内運動場24棟の合計66棟となっております。
 このうち※新耐震基準施行pdf(昭和56年)以前に建築された13校33棟の建物について、※耐震診断pdfとその結果に基づき耐震補強工事を進めています。



3 耐震診断及び耐震化の状況

(1)耐震診断の状況
  ○耐震診断率
   耐震診断が必要な33棟全ての建物が耐震診断済となります。
   よって、耐震診断率は(33÷33)×100=100%となります。
 (2)耐震化の状況
  ○※耐震化率pdf
   対象棟数66棟のうち、耐震性能(※Is値pdf0.7以上の建物)がある建物の棟数は、
    ア、新耐震基準の建物(b) ・・・・・・・・・・ 33棟
    イ、耐震診断の結果、耐震性がある建物(e)・・・13棟
    ウ、耐震補強工事を行った建物(f)・・・・・・・20棟  計66棟
   耐震化率は、(66÷66)×100=100%となります。



4 学校施設の耐震診断結果について

[調査結果一覧:学校毎(耐震診断)]
 耐震診断の結果、補強が必要と診断された建物の棟数は、校舎14棟、屋内運動場6棟の20棟となり、補強が必要と診断された建物は全て耐震補強済となります。

[調査結果一覧:小中学校毎]
○対象建物:非木造 2階以上または延べ床面積200㎡を超える建物
     :木造  3階以上または延べ床面積500㎡を超える建物



[調査結果一覧:学校毎(耐震診断)]
○対象建物:非木造 昭和56年以前建築の2階以上または延べ床面積200㎡を超える施設
     :木 造 昭和56年以前建築の3階建て以上または延べ床面積500㎡を超える施設



添付ファイル:用語解説pdf
担当課情報
部署: 教育総務課
電話番号: 0194-52-2154
岩手県久慈市
久慈市役所
〒028-8030 岩手県久慈市川崎町1番1号 電話:0194-52-2111(代表) FAX:0194-52-3653
【開庁時間】午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日と年末年始は除きます) アクセスマップ