岩手県久慈市
背景色
文字サイズ変更
文字を小さくする文字を大きくする文字を標準サイズにする
現在位置:HOMEの中の市民のみなさまへの中の妊娠・出産・育児の中の予防接種から麻しん・風しん予防接種のお知らせ

市民のみなさまへ

麻しん・風しん予防接種のお知らせ

麻しんと風しんに対する免疫力をつける予防接種です。

麻しん(はしか)

空気感染によって発症します。感染力が強く、予防接種を受けないと、多くの人がかかる病気です。発熱、せき、鼻汁、めやに、発疹を主な症状とし、39~40℃の高熱がでます。

風しん(三日はしか)

飛沫感染によって感染します。症状は麻しんより軽いですが、妊婦さんが妊娠早期に感染すると先天性風しん症候群
(心臓病、白内障、聴力障害)の赤ちゃんが生まれることがあります。


麻しん風しん混合(MR)ワクチンは、2回接種することでより高い予防効果が得られます。
対象の方で接種がまだの場合は、忘れずに接種しましょう。

接種対象及び接種回数

1期対象年齢1歳児(生後12か月~生後24か月未満)
※1歳になったらなるべく早く受けましょう。
接種回数1回
2期対象年齢小学校入学前までの1年間(保育園・幼稚園の年長児)
【平成28年度の対象の方へ】
平成22年4月2日からへ生23年4月1日生まれの方は、平成29年3月31日までに接種しましょう。
接種回数1回

接種間隔について

生ワクチン(麻しん、風しん)を接種した後は27日以上、不活化ワクチン(日本脳炎・インフルエンザなど)を接種した後は6日以上の感覚をかける必要あがあります。計画的に接種しましょう。

副反応について

接種後5~14日の間に、発熱、発しん、かゆみなどがあらわれることがあります。また、接種直後から翌日に過敏症状と考えられる発熱、発しん、かゆみなどが見られることがありますが、これらの症状は通常1~3日でおさまります。ときに、接種部位の発熱、腫れ、、しこり、リンパ節の腫れ等がみられることがありますが、いずれも一過性で通常数日中に消失します。

その他

これまでに、麻しんまたは風しんにかかったことがある場合は、麻しん・風しん単独ワクチンの接種も可能です。担当課までご連絡ください。


担当課情報
部署: 保健推進課
電話番号: 0194-61-3315
岩手県久慈市
久慈市役所
〒028-8030 岩手県久慈市川崎町1番1号 電話:0194-52-2111(代表) FAX:0194-52-3653
【開庁時間】午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日と年末年始は除きます) アクセスマップ