岩手県久慈市
背景色
文字サイズ変更
文字を小さくする文字を大きくする文字を標準サイズにする
現在位置:HOMEの中の観光の中の交流情報の中の教育旅行からまめぶ

観光案内

まめぶ

まめぶとは…

小麦を練った生地でクルミと黒砂糖を包んだ甘い団子のことです(クルミだけの地域もあります)。このまめぶと焼き豆腐、野菜、きのこが入った具沢山のまめぶ汁は、久慈市山形町ではお正月・結婚式・法事などには欠かせない料理となっており、おめでたい時はまめぶを大きく作り、法事などで作るときは小さく作るといわれています。
昔は干しシメジでダシをとり、すまし(※)で味付けをしていましたが、今では天然のシメジは貴重なものとなり、干しシメジもなかなか手に入りません。そのためダシを変えたり、また味付けもすましのかわりに醤油を使うようになったことなどから、伝統の味は少しずつ変わってきています。
季節の食材を取り入れたり、家族の好みを考えたりと、より美味しくなるように様々な工夫がなされ、現在では晴食、行事食としてばかりでなく、栄養のバランスもとれた主食として身近な家庭の味になりつつあります。

まめぶ

※「すまし」とは?
すましは、玉味噌に水を加えて煮立てたものをこし袋に入れてつるし、滴ってたまった液のことで、しょうゆの代わりに使われていました。味噌にそれぞれの家庭の味があるように、自家製味噌から作るすましも、その家ごとに違った風味がありました。良く熟成した味噌を使うと、上品な風味のすましになりました。


まめぶの由来

クルミを包んだ団子の形がまり麩に似ていることから「まめふ」と呼び、これが後に、麩がなまって「まめぶ」となったのではないかという説があります。
また忠実忠実(まめまめ)しく、健康で達者に暮らせるようにとの願いが込められているともいわれています。

添付ファイル:まめぶの作り方pdf
担当課情報
部署: 観光交流課
電話番号: 0194-52-2123
岩手県久慈市
久慈市役所
〒028-8030 岩手県久慈市川崎町1番1号 電話:0194-52-2111(代表) FAX:0194-52-3653
【開庁時間】午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日と年末年始は除きます) アクセスマップ