ホーム
イベント
グルメ
移住
観光
民泊
産業
写真
FB

久慈市ポータルサイト

久慈のピックアップニュースです。

6/12(日)全国闘牛サミットin久慈大会開催

さあ平庭闘牛場へGo!!

160607

■スリリングな戦いが始まる
 2頭が闘牛場に入るとまず始まるのがにらみ合い。お互いに何くわぬ顔でそっぽ向いているようですが、さにあらず。横目で相手の出方をうかがっていて、隙あらばいつでも体ごと突進するぞと狙っています。ときには赤く血走った眼で相手をひとにらみ、それだけで勝負が決まることもあるくらいです。
 それぞれの牛は闘牛場に入った瞬間、ここが戦いの場だと認識します。「ヴォーヴォー」とうなり声を上げ、前足を地面にこすりつけ気合十分を誇示する牛もいます。
 巨体をぶつけたり、相手の体を角で跳ね上げたり、華麗なフェイントで相手の攻撃をかわしたりと、多彩に繰り出す技で私たちを魅了する牛たち。戦い終わったあとは、拍手を送ってあげてください。

■勢子の手綱さばきにも注目
 鼻にかけた綱1本で、戦いをコントロールする勢子(せこ)。漢たちは場内を縦横無尽に駆け回り、熱い戦いを演出します。牛の肩を叩き、かけ声で牛の闘志を引きだし、手綱をひっぱり「待て」のサインを出し、タイミングを見て突っ込ませます。勢子は、牛とともに戦う「牛の味方」です。
 しかし牛も生き物、理屈どおりにはいかないこともあります。そんなときには「わが子を送り出すように、愛情と厳しさをもって戦いに臨ませる」とか。勢子の手綱さばきも、一見の価値ありです。

portal1

全国闘牛サミットin久慈大会記念闘牛大会を平成28年6月12日(日)に開催します。
久慈市での開催は山形村時代も含め、3回目の開催。
闘牛を行っている全国9市町の団体が一同に会し、闘牛文化を継承し、盛り上げていくための交流の機会です。
記念闘牛大会には沖縄・新潟からも自慢の闘牛が参戦!!
巨体同士がぶつかりあう迫力ある闘牛大会を間近でご覧ください。

■開催日
平成28年6月12日(日)午前10:00~

■場所
岩手県久慈市 平庭闘牛場


■入場料
前売券1,200円 当日券1,500円

■問い合わせ先
第19回全国闘牛サミットin久慈大会実行委員会 事務局(山形総合支所) 電話:0194-72-2111

160612tougyu_02

トップページへ