岩手県久慈市
背景色
文字サイズ変更
文字を小さくする文字を大きくする文字を標準サイズにする
現在位置:HOMEの中の市民のみなさまへの中の住まい・建築行為・公園の中の住まいから「満タン&灯油プラス1缶」運動

事業者のみなさまへ

「満タン&灯油プラス1缶」運動



  • 主催:全国石油商業組合連合会・都道府県石油組合
  • 協賛:石油連盟・公益社団法人全日本トラック協会・全日本ガソリン計量機工業会
  • 後援:内閣府政策統括官(防災担当)・資源エネルギー庁・国土交通省

実施場所

47都道府県石油組合に加入する組合員が運営するSS(約22,000、2017年3月末現在)
石油元売会社が使用するタンクローリー車、組合員が使用する配達用ミニローリー車の車体
石油組合事務所および石油元売会社本支店等の協賛団体所属の事務所

実施方法

SS店頭にポスター、のぼり旗を設置し、来店するドライバー、地域住民に対する呼びかけを行う。
タンクローリー車の車体にステッカーシールを貼付し、運転中のドライバーと歩行者等に向けて、「満タン&灯油プラス1缶運動」をPRする。
消費者向けに「満タン&灯油プラス1缶運動」の目的などを解説するホームページ(リンク:http://www.mantan-undo.com)を開設する。

「満タン&灯油プラス1缶」運動は……

ドライバーや、ご家庭の災害対応力を格段に強化する活動です。

ガソリン10Lで、クルマは100km以上の移動手段となります。約10時間のアイドリング状態を保ち、停電時にも、空調の確保や情報の入手が容易になるほか、電源を確保する手段にもなります。
灯油1缶(18L)で、温かな空間を85時間確保できます。お湯なら3,700L、熱湯なら550L沸かすことができます。石油ストーブを通じて、灯りも提供できます。
「満タン&灯油プラス1缶」運動は、ドライバーや、ご家庭の「安心・安全」につながる運動です。

迅速な復旧支援活動に寄与する活動です。

SSの災害対応力は格段に強化されましたが、それでも大規模地震発生時に、石油をお求めになるお客様が一気にSSに集中する「パニック・バイ」による負の連鎖が発生する懸念があります。一方で、SSの燃料油在庫には限りがあります。
大規模停電が加わると、SS前面道路が大渋滞する懸念があります。道路網が至る所で滞り、復旧支援活動の妨げとなる懸念があります。
「満タン&灯油プラス1缶」運動は、迅速スムーズな災害復旧活動に寄与する運動です。

「国土強靱化アクションプラン 2017」と完全に合致した活動です。

災害時における石油は、エネルギーの「最後の砦」であり、SSはその「最前線」に位置付けられております。
併せて、「国土強靭化アクションプラン2017」でも、「一般家庭、自動車等への燃料備蓄」が推奨、盛り込まれる予定です。
「満タン&灯油プラス1缶」運動は国の施策と完全に合致し、これを推進する活動です。

【問合せ先】 
 岩手県石油商業組合
 専務理事 及川 里巳
 電話:019-622-9528


担当課情報
部署: 財政課
電話番号: 0194-52-2113
岩手県久慈市
久慈市役所
〒028-8030 岩手県久慈市川崎町1番1号 電話:0194-52-2111(代表) FAX:0194-52-3653
【開庁時間】午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日と年末年始は除きます) アクセスマップ