岩手県久慈市
背景色
文字サイズ変更
文字を小さくする文字を大きくする文字を標準サイズにする
現在位置:HOMEの中の市民のみなさまへの中の税金の中の固定資産税 土地の固定資産税から宅地の税負担の調整措置

市民のみなさまへ

宅地の税負担の調整措置

宅地の税負担は、税額が急上昇することを避けながら、地域や土地によりばらつきのある負担水準の均衡化を図るために、次のような調整措置がとられています。

負担水準とは

個々の宅地の課税標準額が価格(評価額)に対してどの程度まで達しているかを示すもので、次の算式によって求められます。

負担水準の計算式

住宅用地

・負担水準が100%以上の場合は、その年度の価格に住宅用地特例率(1/6又は1/3)を乗じた額(以下「本則課税標準額」といいます。)を課税標準額とします。
・負担水準が100%未満の場合は、前年度課税標準額に、本則課税標準額の5%を加算した額を課税標準額とします。ただし、その額が、本則課税標準額の100%を上回る場合は本則課税標準額の100%とし、本則課税標準額の20%を下回る場合は本則課税標準額の20%とします。

商業地等

・負担水準が70%を超える場合は、その年度の価格の70%を課税標準額とします。
・負担水準が60%以上、70%以下の場合は、前年度課税標準額を据え置きます。
・負担水準が60%未満の場合は、前年度課税標準額に今年度価格の5%を加算した額を課税標準額とします。ただし、その額が、価格の60%を上回る場合は価格の60%とし、価格の20%を下回る場合は価格の20%とします。

図示すると下図のようになります。

税負担の調整措置図
担当課情報
部署: 税務課
電話番号: 0194-52-2114
岩手県久慈市
久慈市役所
〒028-8030 岩手県久慈市川崎町1番1号 電話:0194-52-2111(代表) FAX:0194-52-3653
【開庁時間】午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日と年末年始は除きます) アクセスマップ