自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

家族介護用品支給事業

在宅で要介護者を介護する方に介護用品購入費用の助成をします。

対象者

要介護4又は5の認定を受けている方を在宅で介護する方
6月以上寝たきりであることが予想される介護認定を受けている方を在宅で介護する方

申請

家族介護用品支給申請書に必要事項を記入して、地域包括支援センター(元気の泉内)に申請してください。

支給対象とならない場合

支給対象とならない場合
次の場合は、支給の対象となりません。また、支給された後次の要件に該当した場合は使用できません。介護用品受給資格喪失届に残券を添えて届け出をしてください。

  1. 死亡したとき。
  2. 要介護状態区分が要介護4又は要介護5以外に認定され、かつ、寝たきりの状態でなくなったとき。
  3. 介護保険施設等に入所したとき。
  4. 医療機関に1か月を超えて入院したとき。
  5. 市内に住所を有しなくなったとき。
  6. 要介護者及び介護する者の属する世帯の全員に市民税が課せられたとき。

この記事へのお問い合わせ

部署:地域包括支援センター
電話番号:0194-61-1557