自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

久慈市高齢者及び障害者にやさしい住まいづくり推進事業費補助金交付制度のご紹介

要援護高齢者及び重度身体障害者がお住まいになる住宅を改修する際に補助金を交付しています。

制度の概要

介護保険の介護認定を受けている方(以下「要援護高齢者」という。)及び重度身体障害者の自立と介護者の負担軽減のため、住宅の改善に要する経費について補助金を交付します。

補助金の交付対象

住宅のトイレ、浴室、玄関、台所、段差の解消、手すりの設置、その他必要と認められる箇所の改善など、要援護高齢者等の日常生活や介護者の負担軽減に資する改善が対象となります。
ただし、改修する住宅が賃貸住宅や平成14年度以降に新築した住宅であるときは、特に必要があると認められる場合に補助金の交付対象となります。

対象にならないケース

  • 要援護高齢者やその配偶者または高齢者の生計を維持している方の前年の所得が一定の基準を超えるもの。
  • 改善の内容が新築や増築の場合(補助対象改善工事に付随した増築部分を除く)
  • 過去にこの事業による補助金の交付を受けた世帯の場合(特に必要と認められる場合を除く)

補助額

最高40万円(補助率2/3)

申請の仕方

添付の申請書と次の書類をご用意いただき、元気の泉内の介護支援課または担当のケアマネジャーもしくは地域包括支援センターにご相談ください。
※申請の状況によっては予算の都合でご利用いただけない場合もあります。     

申請のためにご準備いただく書類

  • 図面(現状と完成予想図)
  • 見積書
  • 写真(着工前の日付入り写真)
  • その他必要な書類   

他の制度の紹介

介護保険の住宅改修事業も同時に利用することができます。詳しくは下記添付ファイル欄をご覧ください。

この記事へのお問い合わせ

部署:地域包括支援センター
電話番号:0194-61-1557