自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

ホームページ版「いきいきキッチン」

久慈市食生活改善推進員協議会では、市広報(毎月1日号)にレシピを掲載しています。

この度、広報掲載のレシピをいつでもどこでも見ていただけるように、ホームページにも掲載することにいたしました。

日々のご飯づくりに役立てていただけると嬉しいです。ぜひご活用ください。

なすとサバ缶のめんつゆ炒め(広報くじ令和4年10月1日号)

なすとサバ缶のめんつゆ炒め.jpg

サバ缶を使った簡単レシピ。
味付けはめんつゆだけです。

材料(2人分)

  • なす          150g
  • サバ缶         1/2缶(100g)
  • いんげん        4本(70g)
  • ミニトマト       2個(30g)
  • 大葉          1枚
  • 削り節         1/4袋
  • ごま油         大さじ1
  • めんつゆ(2倍濃縮) 大さじ1・1/2

作り方

  1. なすはまだらに皮をむき縦半分に切り、5mm幅の斜め切りにする。水にさらしておく。
  2. サバ水煮缶は汁を切り、ほぐしておく。
  3. いんげんは筋を取り、斜め薄く切り、ゆがいておく。
  4. フライパンにごま油を熱して、なすといんげんを炒め、火が通ったらサバ缶を入れ、さらにめんつゆを加える。
  5. 4.を盛り付け、削り節をのせる。4等分にしたミニトマトを添えて完成。

食生活改善推進員より

・味付けはめんつゆだけなので、朝ご飯にもぴったり。
・残ったサバ缶の汁は、スープに使うとうま味が増して美味しいですよ。

~「サバ缶」~

 青魚であるサバには、DHAやEPAが豊富に含まれています。DHAやEPAはオメガ3系の脂肪酸であり、動脈硬化予防や脳機能改善などのはたらきがあります。
 サバの缶詰は手軽に食べることができ、たんぱく質源でもあるため、常備しておくと良いでしょう。保存期間も長いので、いざという時に使えて便利です。

これまで公開したレシピ

 

この記事へのお問い合わせ

部署:久慈市食生活改善推進員協議会
電話番号:0194-61-3316