自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

乳がん検診・子宮頸がん検診について

久慈市の女性検診では、乳がん検診子宮頸がん検診を行っております。

今年度も実施予定なので、ぜひお越しください。

リンク:令和4年度乳がん検診

乳がん検診について

乳がんは、女性に最も多いがんです。

40~50歳代をピークに発症・死亡が増加しており、日本人女性の約9人に1人が生涯で乳がんにかかる可能性があります。

検診ではどんな検査をするの?

乳がん検診では乳房X線検査(マンモグラフィ)超音波検査(エコー)を行っております。

検査内容は年齢によって異なります。

  • 40歳代の方  …… 乳房X線検査(2方向)、超音波検査
  • 50歳以上の方 …… 乳房X線検査(1方向)

乳房X線検査とは……乳房をプラスチック板で挟んで撮影し、しこりや石灰化を見つける検査です。乳房が圧迫されるため、痛みが伴う場合があります。乳房の張る月経前を避けて受診しましょう。

超音波検査とは……超音波で乳房の中の状態を調べる検査です。

乳がんの発症リスクを高める原因って?
  • アルコール飲料の摂取
  • 喫煙(受動喫煙も含む)
  • 肥満
乳がんにかかりやすい人ってどんな人?
  • 家系内(親、子、きょうだい、祖父母、おじ、おば、おい、めい)で乳がんや卵巣がんにかかった人がいる。
  • 初潮が早く(11歳以下)閉経が遅い(55歳以上)。
  • 初産年齢が遅い(30歳以上)、または出産経験がない。
乳がんのセルフチェックをしてみましょう

乳がんは自分で発見できる数少ないがんです。

月に一度、セルフチェックを行ってがんの早期発見につなげましょう。

詳しくはこちらをご覧ください

子宮頸がん検診について

子宮頸がんは20~30歳代の若い女性に乳がんに次いで多いがんです。

最近では39歳以下の日本人女性で子宮頸がんの発病・死亡が増加しています。

検診ではどんな検査をするの?

子宮頸がん検診では問診、視診、細胞診、内診、経腟超音波検査を行っております。

細胞診とは……子宮の入り口の表面をブラシやヘラでこすり、採取した細胞を顕微鏡で調べる検査です。

経腟超音波検査とは……内診の補助として用いられており、超音波で子宮や卵巣の中の状態を調べる検査です。

子宮頸がんを発症する原因って?
  • HPV(ヒトパピローマウイルス)

子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が関係しており、性交渉が主な感染経路です。

HPVはほとんどの女性が生涯で一度は感染するウイルスで、免疫の働きによって自然に治る人がほとんどです。

しかし、一部の人で持続感染して「前がん病変」になり、その一部ががんに進行します。

子宮頸がんを防ぐには?

子宮頸がんはがん検診HPVワクチンで予防が期待できます。

  • がん検診

初期の子宮頸がんには自覚症状があまりありません。がん検診を受検できる年齢になったら、定期的に検診を受けましょう。

  • HPVワクチン

HPVワクチンは、子宮頸がんをおこしやすいタイプであるHPV16型と18型の感染を防ぐことができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

この記事へのお問い合わせ

部署:保健推進課
電話番号:0194-61-3315