自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

世界禁煙デーと禁煙週間について

5月31日は世界禁煙デー

喫煙が健康に与える影響は大きく、受動喫煙の危険性やニコチンの依存性を踏まえると、喫煙習慣は個人の嗜好にとどまらず、生活習慣病を予防するうえで、たばこ対策は重要な課題となっています。

世界保健機関(WHO)は、平成元年から5月31日を「世界禁煙デー」と定めており、厚生労働省においては、平成4年から世界禁煙デーに始まる一週間を「禁煙週間」として定め、各種の施策を講じています。

厚生労働省では、今年度、たばこを減らすことで命を守ることを目的として、「オールジャパンで、たばこの煙のない社会を」を禁煙週間のテーマとして、禁煙と受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行うこととしています。

5月31日から6月6日までは禁煙週間

平成4年に世界禁煙デーから始まる1週間を「禁煙週間」(5月31日から6月6日まで)と定めて、毎年さまざまな普及啓発活動を行っています。

「たばこと健康」について考えてみませんか?

喫煙は、がん、脳卒中、心筋梗塞、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、糖尿病と歯周病など様々な疾患を引き起こす危険因子となり、また、妊娠中の喫煙は、低体重児の出産や早産、流産の危険を高めるなど、健康に様々な悪影響を及ぼします。

たばこの煙は、たばこを吸う人だけでなく、たばこから立ちのぼる煙を吸い込んでしまう受動喫煙により、周りの人の健康にも悪影響を及ぼしますので、受動喫煙の防止に努めることが重要です。

たばこを減らすことで命を守るため、禁煙と受動喫煙の防止に努めましょう!


この記事へのお問い合わせ

部署:保健推進課
電話番号:0194-61-3315