自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関する情報 (令和4年6月28日現在)

 

ワクチン接種のお願い

ワクチン接種には、病気に対する免疫をつくることで発症や重症化を予防する効果に加え、多くの方が免疫を得ることにより感染の流行を防ぐ「集団免疫効果」があります。新型コロナウイルス感染症においても、発症や流行を抑え、社会経済活動の回復へ繋がることが期待されています。

このことから市民の皆さまにも、出来る限り多くの方に接種していただきたく、ご協力をお願いいたします。

また、ワクチンの接種は上記の理由からお勧めしておりますが強制ではありません。

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、接種を受けていただきます。また、市民の皆さまにおかれましても、周囲の方に接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

なお、基礎疾患等があり接種が不安な方は、かかりつけの病院での接種予約をしていただくか、事前にかかりつけ医にご相談ください。

※岩手県立久慈病院へのご相談の際は、15時以降のご連絡をお願いします。

4回目の接種について

対象者

4回目の接種対象者は、3回目の接種が完了してから5か月経過した次の(1)又は(2)に該当する方となります。

(1)60歳以上の方

(2)18歳以上60歳未満の基礎疾患を有する方、その他重症化リスクが高いと医師が認める方

※(2)に該当する方は事前の申請が必要ですが、(1)に該当する方は申請不要です。

接種券の発送状況

対象 発送日
令和3年12月31日までに3回接種した方 6月2日(木曜日)
令和4年1月31日までに3回接種した方 6月16日(木曜日)
令和4年2月10日までに3回接種した方 6月23日(木曜日)

※基礎疾患を有する方については、申請受付後、3回目接種から5か月経過した時期に発送します。

予約方法

ワクチン接種の予約受付について」を参照してください。

使用するワクチン

ファイザー社製又はモデルナ社製を使用します。

※交互接種が可能ですので、これまでに接種した種類にかかわらず、どちらでも接種することができます。

費用

接種費用は無料です。

接種会場

4回目の接種は以下の医療機関で受けられます。(50音順)※3回目接種も同じ会場です。

  • おおさわ内科・胃腸科医院
  • おのでら耳鼻咽喉科クリニック
  • 金子クリニック
  • 久慈恵愛病院
  • 久慈市国民健康保険山形診療所
  • 齊藤内科
  • しろと内科循環器科クリニック
  • 関上こどもクリニック(7月1日~)
  • 竹下医院
  • 藤田皮膚科医院
  • 久慈市民体育館(集団接種)

基礎疾患を有する方(18歳~59歳)の申請について

次の(1)~(3)のいずれかの方法で申請ができます。※60歳以上の方は申請不要

(1)「久慈市新型コロナワクチン接種コールセンター」への問合せ 0194-54-8008

(2)メールでの申請 氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、該当する基礎疾患を入力の上、「kujikiso@city.kuji.iwate.jp」に送信

(3)申請書の提出 申請書に必要事項を記入し、久慈市役所(3階ワクチン接種対策室)、山形総合支所又は各市民センターの窓口に直接提出や郵送、ファックス等で申請してください。

 郵便 〒028-8030 久慈市川崎町1番1号 久慈市役所ワクチン接種対策室あて

 ファックス 0194-52-3653

基礎疾患申請書様式 (24.7KB)

対象となる基礎疾患

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧含む。)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏症貧血を除く。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている。
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している(※1)、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している(※1)場合)
  • 18歳以上60歳未満であるが、BMIが30以上である。※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
  • 18歳以上60歳未満であるが、新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師に認められた。

 ※1 精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳を所持している方については、通院又は入院していない場合も基礎疾患のある方に該当します。

 

3回目の接種について

3回目の接種は、2回目の接種から5か月以上経過した方が対象です。

※令和4年5月25日に6か月⇒5か月に短縮になりました。

ワクチンの効果

3回目を接種した人の方が接種していない人よりも、新型コロナウイルスに感染する人や重症化する人が少ないと報告されています。

ワクチンの種類

ワクチンは、ファイザー社製及び武田/モデルナ社製の2種類です。交互接種が可能ですので、これまでに打った種類にかかわらず、どちらでも接種することができます。

接種券様式の変更

3回目の接種券はこれまでのようなシール状のものではなく、予診票に既に接種券が印字されているものになります。

接種の際はこの「接種券付き予診票」と同封の「新型コロナウイルスワクチン接種のご案内(案内文書)」「本人確認書類(保険証等)」をお持ちになってお越しください。

接種券の送付状況

対象 発送日
令和3年6月30日までに2回接種した方 1月21日(金曜日)
令和3年7月10日までに2回接種した方 1月27日(木曜日)
令和3年7月20日までに2回接種した方 2月4日(金曜日)
令和3年7月31日までに2回接種した方 2月10日(木曜日)
令和3年8月20日までに2回接種した方 2月25日(金曜日)
令和3年8月31日までに2回接種した方 3月7日(月曜日)

令和3年9月15日までに2回接種した方

3月14日(月曜日)

令和3年9月30日までに2回接種した方

3月28日(月曜日)

令和3年10月10日までに2回接種した方

4月8日(金曜日)

令和3年10月20日までに2回接種した方

4月18日(月曜日)

令和3年10月31日までに2回接種した方

4月27日(水曜日)

令和3年11月30日までに2回接種した方

5月11日(水曜日)
令和3年12月31日までに2回接種した方 5月23日(月曜日)
令和4年1月31日までに2回接種した方 5月26日(木曜日)
令和4年2月28日までに2回接種した方 6月16日(木曜日)
上記以降の方 今後調整しながら随時発送します。

※12歳から17歳の方の接種券も上記により順次発送しています。

※久慈市以外で2回接種した後に久慈市へ転入した方で、3回目の接種を希望される方は申請が必要です。詳しくは「転入時の接種券発行について」の項目をご覧ください。

※久慈市以外で接種(他市町村や国・県等の大規模集団接種、職域接種など)される方で、接種券を早めに送って欲しい場合には、ワクチン接種対策室(電話番号:0194-54-8007)までご相談ください。ただし、3回目接種は、2回目接種から5か月経過している必要がありますので、あまり早くは送付できません。

 

小児(5歳~11歳)へのワクチン接種について

7月接種分の予約を受付中です。

接種券発送状況

対象 発送日
令和4年3月31日現在で10歳・11歳の方 2月24日(木曜日)
令和4年3月31日現在で9歳の方 4月27日(水曜日)
令和4年3月31日現在で7歳・8歳の方 5月26日(木曜日)
令和4年6月27日現在で5歳・6歳の方 6月23日(木曜日)
上記以降の方 今後調整しながら随時発送します。

接種回数

接種は2回必要です。2回目接種の予約は、自動的に「1回目接種の3週間後の日時」で予約されますので、忘れずに2回の接種をお願いします。

ワクチンの種類

使用するワクチンは、ファイザー社の小児用ワクチンです。

費用

接種費用は無料です。

接種会場

接種は下記の小児科でのみ可能です。

  • 岩手県立久慈病院
  • ちだ医院

接種受付

小児の接種については、久慈広域(洋野町、野田村、普代村)の方々の接種も受け付けています。

予約方法

ワクチン接種の予約受付について」を参照してください。

注意事項

  • 接種の際は、保護者の同伴が必要になります。
  • 接種の際は、「接種券付き予診票」「【新型コロナウイルスワクチン接種のご案内】と書かれた案内文書」「本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)」のほか、「母子健康手帳」もお持ちいただくようお願いします。
  • 1回目接種時に11歳の方で2回目の前に12歳になった方は、2回目も小児用ワクチンを接種していただきます。
  • 1回目を接種していない状態で12歳となった方は、小児用ワクチンではなく大人用ワクチンを打っていただきます。「1・2回目の接種について」をご覧ください。

 

ワクチン接種の予約受付について

予約受付

7月接種分の予約を受付中です。
接種の予約は全て市で受け付けます。医療機関での予約はできません。

予約方法は、次の3つの方法があります。予約の際はお手元に「接種券付き予診票」(1・2回目の方は「接種券」)をご準備ください。

(1)電話での受付

久慈市ワクチン接種コールセンターへお電話ください。

電話番号:0194-54-8008
受付時間:平日9時~17時

※電話での予約は時期によっては混雑により繋がらない場合があります。下記のインターネットからの予約であれば、24時間いつでもスムーズに受付ができますので、スマートフォンをお持ちの方などに予約代行を依頼するなどしてご利用ください。

(2)インターネットからの受付

予約専用サイトに接続いただきお申込み下さい。次のリンクからも接続できます。

リンク:新型コロナワクチン接種予約受付
受付時間:24時間

(3)インターネット予約支援窓口(新型コロナワクチン接種にかかるネット予約支援窓口)

耳が聞こえにくいなど電話での予約が難しい方で、インターネットでの予約も出来ない場合には、インターネット予約の代行を行いますので、下記の窓口をご利用ください。

期間

令和4年1月24日(月曜日)から当面の間(土日祝日を除く)

場所

久慈市役所3階 ワクチン接種対策室、山形総合支所又は各市民センター

※久慈市役所では、令和4年6月27日(月曜日)から1階市民ホールとなります。

時間

9時~16時

※接種券付き予診票を忘れずにお持ちください。接種券付き予診票が無いと予約できません。

 

ワクチン接種の流れ

ワクチン接種の流れは次のとおりです。

(1)郵便で接種券付き予診票が届きます。

接種券付き予診票の発送状況については、「接種券の送付状況」をご覧ください。

(2)ワクチン接種は予約制ですので、時間と場所を確認し予約をします。

予約方法については、「ワクチン接種の予約受付について」をご覧ください。

(3)予約ができましたら、接種当日に接種券付き予診票への記入をお願います。

ワクチン接種を受けるために大切な確認事項です。もし不安な点等がある場合には、事前にかかりつけ医などに確認してください。

また、15歳以下の方の場合、保護者の同伴が必要です。事情により保護者が同伴できない場合には、保護者の方が書いた委任状を代理の方に渡していただき、代理の方が同伴するようにして下さい。

15歳以下同伴委任状 Word版 (14.3KB)/ PDF版 (56.4KB)

(4)当日の予約時間に、予約した医療機関または臨時の接種会場へお越しください。

  • 当日は、「接種券付き予診票」「新型コロナウイルスワクチン接種のご案内(案内文書)」「本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)」を忘れずにお持ちください。また、小児の場合には「母子健康手帳」もお持ちください。
  • ワクチンの接種は上腕への注射となりますので、半袖等まくりやすい、または脱ぎやすい服装でお願いします。

(5)接種会場での流れ

  1. 受付で、「接種券付き予診票」「本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)」を提示し、受付及び本人確認を行います。
  2. 予診票確認担当が、予診票の内容について確認します。
    ※医療機関によっては1と同時に行います。
  3. 医師による診察(予診)を受けます。
    ※もし接種ができないとなった場合には、ここまでで終了です。
  4. ワクチンの接種を行います。
    ※ワクチンの接種は上腕への筋肉内注射となります。
  5. ワクチン接種済証を受け取ります。
  6. 接種後の状態を確認するため、15分~30分程度座ってお待ちいただきます。

接種の流れは以上となります。おおむね1時間程度は必要(混雑具合によりもっとかかる場合もあります。)となりますので、時間に余裕をもってお越しください。

 

住所地外接種

住所と違う市町村でワクチン接種を受けたい場合(今後、国からの通知により変更となる場合があります。)

新型コロナワクチンの接種は、原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしていますが、下記のやむを得ない事情により、住民票所在地以外で接種を受けることができます。

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • 入院・入所者
  • 基礎疾患を持つものが主治医の下で接種する場合
  • 災害による被害にあった者
  • 拘留又は留意されている者、受刑者
  • その他市町村長がやむを得ない事情があると認める者

※事情により、届出を省略することができる場合があります。
※1・2回目で提出した方についても、3回目の際には改めて提出する必要があります。

手続き方法

久慈市に住所があり、久慈市以外の市町村で接種される方

  • 申請及び接種の際は、久慈市が発行した接種券付き予診票が必要ですので、ご用意ください。
    (接種券付き予診票が届いていない方については、市外で接種を受ける旨をお申し出いただければ接種券を送付いたします。)
  • 接種場所の医療機関がある市町村に、住所地外接種届と接種券付き予診票を提出します。
  • 住所地外接種届出済証が交付されます。
    (接種の際は「住所地外接種届出済証」と「接種券」を接種医療機関等へお持ちください。)
  • 詳しい申請方法や接種場所、予約等については、接種場所の医療機関のある市町村にお問合せ願います。

 

久慈市以外の市町村に住所があり、久慈市内の医療機関等で接種される方

  • 接種の際は、住所のある市町村が発行した接種券付き予診票が必要です。(コピーを取らせていただきます。)
  • 久慈市住所地外接種届を提出します。
    (住所地外接種届の様式は次のリンクからダウンロードできます。また、接種券付き予診票は確認ののち返還します。)
    リンク:住所地外接種届様式 word版 (17.3KB) / pdf版 (375.3KB)
  • 久慈市から住所地外接種届出済証を交付します。
  • 接種場所や予約等については、同封のチラシをご覧ください。

 

「住所地外接種届」は、窓口のほか、郵送でも受け付けています。詳しくはお問い合わせください。

 

転入時の接種券発行について

久慈市に引越(転入)された後、久慈市でワクチン接種を受けるためには、次の手続きが必要となりますので、下記窓口にお越しください。

手続きが必要となるのは、転入の際に3回の接種が終わっていない方になります。既に3回終えられている方は、手続きの必要はありません。手続きしないと、接種券が発行されませんのでご注意願います。

手続き窓口

久慈市役所3階 ワクチン接種対策室 ⑫窓口

必要な書類

※郵送での申請も受け付けています。その際は申請書と接種済証のコピーと本人確認書類のコピーも同封し送付してください。
送付先:久慈市川崎町1-1 久慈市役所 ワクチン接種対策室

手続きの際、転出元の接種履歴を確認させていただきます。
接種券付き予診票は手続きの後、返送いたします。

接種券付き予診票の再発行

接種券付き予診票の紛失等により、再発行が必要な方については、次の手続きが必要となりますので、下記窓口にお越しください。

手続き窓口

久慈市役所3階 ワクチン接種対策室 ⑫窓口

必要な書類

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

新型コロナウイルスワクチンの接種証明書を発行いたします。

対象者

新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた際に久慈市に住民票があった方。

※ 証明書は接種を受けた病院等の所在地の市町村ではなく、接種を受けた際に住民票がある市町村での発行となります。途中で転出入されている場合、それぞれの市町村での証明が必要になります。)

申請方法

下記の必要書類を郵送または窓口(市役所3階ワクチン接種対策室)へ直接ご提出ください。

必要書類
  • ワクチン予防接種証明書交付申請書 Excel版 (28KB)/ PDF版 (92.4KB)
  • 旅券(パスポート)の写し(海外渡航用の証明書が必要な場合のみ。)(旅券番号、姓名、国籍、顔写真等があるページ)
  • 接種済証もしくは接種記録書の写し
  • 本人確認書類の写し(住所が記載されたもの (例)運転免許証、健康保険証等)
  • 返信用封筒(宛名を記載のうえ、84円切手を貼り付けたもの)
    ※証明書の送付は住民票所在地となります
場合によって必要な書類
代理人による請求の場合
パスポートに旧姓・別性・別名の記載がある場合
  • 旧姓・別性・別名が確認できる本人確認書類(運転免許証等)の写し

証明書の発行

証明書は原則住民票所在地へ、申請から1週間程度で郵送いたします。(書類に不備があった場合や、接種の状況によっては、お時間をいただくことがあります。)

お急ぎの事情等がございました際には、ワクチン接種対策室(電話番号:0194-54-8007)までご相談ください。

また、マイナンバーカードをお持ちの方は、専用のスマートフォンアプリを利用することにより、ご自身で証明書の取得ができますので、そちらもご利用ください。詳しくは「デジタル庁ホームページ」をご覧ください。

副反応(接種の後の身体への影響)に関すること

副反応については、報道等で様々な情報が出ておりますが、現在も世界中で臨床試験が行われている状況であり、確定した情報はまだ無いのが現状です。

そのうえで、これまで報告されている情報では、

  • 接種した部位が数日間痛む
  • 発熱、寒気、頭痛、筋肉痛、疲労感、不快感などの症状が出る場合があるが、数日で回復する。
  • ごくまれにアナフィラキシーなどの重度な副反応がある。

などの報告がされています。

これらの副反応は、インフルエンザなどほかのワクチン接種でも見られる副反応であり、その割合等については、現在も調査中です。

詳しい副反応の情報については、厚生労働省のホームページをご確認下さい。

新型コロナウイルスワクチン接種に係る健康被害救済制度について

健康被害救済制度とは

 ワクチン接種では、発熱や接種部位の腫れ・痛みなどの、副反応が起こることが報告されています。これらはそのほとんどが一時的なものですが、極めて稀に副反応による健康被害(病気になったり障害が残るなど)が生じることが報告されており、完全に無くすことが困難であることから、救済制度が設けられています。

 この救済制度では、予防接種を受けた方に健康被害が生じ、治療が必要となった場合や、障害が残った場合などにおいて、その健康被害が予防接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定した時は、予防接種法に基づく救済(医療費・医療手当・障害年金の給付等)が受けられます。

 制度の詳細については、厚生労働省ホームページ(外部サイト)リーフレット (851.9KB)をご覧ください。

給付の流れ

  1. 健康被害があった場合には、市に請求をします。(窓口:市役所3階、ワクチン接種対策室)請求は郵送でも構いません。必要書類等は下記をご覧ください。
  2. 市は、請求があった場合には、市が設置する「予防接種健康被害調査委員会」において調査を行い、県を通じて国へ進達します。
  3. 国は、疾病・障害認定審査会に諮問し、答申を受け、県を通じて市に通知がなされます。
  4. その結果を受け、答申の内容(支給もしくは不支給)を請求者へお知らせします。
  5. 結果が支給の場合、その内容により給付が行われます。

※通常、申請を受けてから国からの通知が来るまで、半年から1年程度の期間を要します。

給付の種類

給付の種類 内容 給付額
医療費 かかった医療費の自己負担分 健康保険等による給付の額を除いた自己負担分
医療手当 入院通院に必要な諸経費(月単位での支給)
  • 通院3日未満(月額)
    35,000円
  • 通院3日以上(月額)
    37,000円
  • 入院8日未満(月額)
    35,000円
  • 入院8日以上(月額)
    37,000円
  • 同一月入通院(月額)
    37,000円
障害児養育年金 一定の障害を有する18歳未満の者を養育する者に支給
  • 1級(年額)
    1,581,600円
  • 2級(年額)
    1,266,000円
障害年金 一定の障害を有する18歳以上の者に支給
  • 1級(年額)
    5,506,800円
  • 2級(年額)
    4,045,200円
  • 3級(年額)
    3,304,800円
死亡一時金 死亡した方の遺族に支給 44,200,000円
葬祭料 死亡した方の葬祭を行う者に支給 212,000円

※事例により、この給付額と異なる場合があります。

申請方法及び必要書類

医療費・医療手当

請求者:予防接種を受けたことによる疾病等について医療を受けた方

下記の必要書類を用意し、市役所ワクチン接種対策室まで持参または郵送でご請求ください。

必要書類
  1. 医療費・医療手当請求書 (127.4KB)
    記入例 (942.1KB)を参考に必要事項を記入願います。

  2. 受診証明書 (87.7KB)
    受診された医療機関等に作成を依頼してください。

  3. 領収書等の写し

  4. 予診票の写し
    ワクチンの接種を受けた医療機関へ請求してください。

  5. 接種済証の写し
    ワクチンを接種した際に、接種券の右側に接種したワクチンの種類や場所等を証明していますので、写しを提出願います。

  6. 医師の作成した診療録
    受診された医療機関に請求してください。
    (治療内容、経過、検査結果、写真等を含みます。)

※アナフィラキシー等の即時型アレルギー(接種後4時間以内に発症し、当日を含む7日以内に治癒・終診したもの)の場合、医師が記載した様式をもって、診療録の写しに変えることができますので、こちらの診療録様式 (812.3KB)について医療機関に作成を依頼してください。

注意事項
  • 上記の書類以外にも、必要に応じて後日追加資料を提出していただく場合があります。
  • 上記の提出書類には費用が生じるものもありますが、費用は自己負担となります。
  • 申請を受けてから国からの通知が来るまで、半年から1年程度の期間を要します。
  • 申請することにより支給をお約束するものではありません。審査の結果因果関係が認められない場合、不支給となる場合もあります。その際でも、申請に掛った費用の補填等はありません。

そのほかの請求について(死亡一時金、障害年金など)

そのほかの請求については、厚生労働省ホームページを御覧ください。

不明な点等がある場合には、ワクチン接種対策室(電話番号:0194-54-8007)までお問い合わせください。

 

船員の方のワクチン接種について

船員の方のワクチン接種については、日程等のご相談を受け付けています。ご事情をお伺いしたうえでの判断となりますが、日程等の都合により、場合によっては1回のみの接種となる場合もあります。その場合には、住所地のほか寄港地等でも接種を行っているところがありますので、接種を希望する市町村に事前にお問い合わせください。

久慈市の問合せ先

久慈市ワクチン接種コールセンター 電話番号:0194-54-8008

 

1・2回目の接種について(12歳以上)

これまで事情により接種が出来なかった方や、新たに12歳となる方々の接種については、人数が限られてきていることから、現在はワクチン接種対策室で接種日等を調整しています。

接種を希望される方は、久慈市ワクチン接種コールセンター(電話番号:0194-54-8008)までお電話いただき、接種の調整をご依頼いただくか、ワクチン接種対策室(久慈市役所3階)の窓口までお申し出ください。後日ワクチン接種対策室から場所や時間についてご連絡のうえ、ご相談させていただきます。

 

予診票の様式変更について

1・2回目の予診票の様式が令和3年12月1日から変更となっています。12月以降に1回目、2回目を接種される方は、下記の新しい様式を印刷のうえご利用ください。

様式は、市役所や接種を行う医療機関にも用意しています。

予診票新様式(令和3年12月1日変更) (390.2KB)

 

久慈市の接種状況

令和4年6月12日現在、対象者(12歳以上の方)人口の95%以上が、2回の接種を終え、75%以上の方が3回目の接種を終えられています。

 

各種問い合わせ先

厚生労働省

新型コロナワクチン接種全般に関すること

新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761-770

9時から21時

(土日・祝日も対応)

新型コロナウイルス感染症に関すること

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

電話番号:0120-565-653

9時から21時

(土日・祝日も対応)

 

岩手県

新型コロナウイルス感染症に関する一般相談

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

電話番号:019-629-6085

ファックス番号:019-626-0837

9時から21時

(土日・祝日も対応)

息苦しさ、強いだるさ、高熱等の症状がある方や重症化しやすい方など

受診・相談センター

電話番号:019-651-3175

ファックス番号:019-626-0837

24時間

(土日・祝日も対応)

新型コロナワクチン接種に係る副反応等の医学的知見が必要となる専門的な相談に対応するコールセンター

岩手県新型コロナワクチン専門相談コールセンター

電話番号:0120-895-670

令和3年3月30日開設

9時から21時

(土日・祝日も対応)

 

久慈市

新型コロナウイルスのワクチン接種に関する問い合わせ・接種予約窓口(相談・接種予約)

新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

電話番号:0194-54-8008

令和3年4月1日開設

9時から17時

(平日のみ)

新型コロナウイルスのワクチン接種に関する全般的なこと

(副反応など医学的なお問い合わせにはお答えできませんので、厚生労働省のコールセンターや、県の相談窓口へお問い合わせ願います)

ワクチン接種対策室

電話番号:0194-54-8007

8時半から17時

(平日のみ)

 

この記事へのお問い合わせ

部署:ワクチン接種対策室
電話番号:0194-54-8007