自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

子宮頸がん予防ワクチン接種の差し控えについて

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)は、平成25年4月1日に定期予防接種として導入されましたが、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛が接種後に特異的にみられたこと等から、平成25年6月14日より適切な情報提供ができるまでの間は定期接種を積極的に勧奨しないとの方針が示され、現在も継続しております。

そのため、市では積極的勧奨が再開されるまで、「必ず接種しましょう」といった積極的な勧奨はしておらず、予防接種予診表頭の個別配布等を行う予定はありませんが、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を中止するものではありませんので、接種を希望する方は、定期接種として無料で受けることができます

接種を希望する方は、厚生労働省ホームページの子宮頸がん予防ワクチンに関する情報をよくお読みになり、ワクチンの有効性とリスクを十分に理解したうえで接種を受けてください。

接種する際は、予防接種予診票が必要です。

予防接種予診票は元気の泉保健推進課で配布しますので、接種を希望する方はお問い合わせください。

 

対象者

12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子

(小学校6年生から高校1年生相当の女子)

 

標準的な接種期間

13歳となる日の属する年度の初日から末日までに3回

この記事へのお問い合わせ

部署:保健推進課
電話番号:0194-61-3315