自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

久慈市特定不妊治療費助成事業のご案内

久慈市では、特定不妊治療を行っている夫婦に対して、経済的負担の軽減を図る目的で、その治療費の一部を平成21年度から助成しています。

お知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、令和2年度については時限的に年齢要件が緩和されました。

治療期間初日の妻の年齢要件について

令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦で、令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期したものにあっては、妻の年齢が44歳に到達する日の前日までの間に限り、対象とする。

通算助成回数について

令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳である夫婦で、令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期したものにあっては、初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が41歳未満であるときは、通算助成回数を6回とする。

 

対象者

  1. 法律上の婚姻している夫婦であること
  2. 久慈市に住所を有する人(治療を開始した以前から)
  3. 治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満であること
  4. 岩手県特定不妊治療助成事業の交付決定を受け、かつ上記の要件に該当する場合を対象とします。

対象治療等

  • 岩手県が指定した医療機関で実施された特定不妊治療(保険適用外治療に限る)であること
  • 夫婦以外の第3者からの精子、卵子、胚の提供による不妊治療は除きます

助成額と助成回数

  • 夫婦1組について、1回の治療につき最大10万円(県助成金を除く)を助成します。
  • 通算助成回数は、初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が、40歳未満であるときは6回(40歳以上であるときは3回)とする。
  • 岩手県特定不妊治療費助成事業による助成金の交付決定後、3ヶ月以内に申請してください。

この記事へのお問い合わせ

部署:保健推進課
電話番号:0194-61-3316