自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

給水装置の修理・漏水

貴重な水を大切にしましょう。

給水装置とは

道路に埋設されている水道本管(配水管)から分岐し、家庭まで引込まれた給水管、止水栓、メーター、蛇口などの器具全てを『給水装置』といいます。
また、集合住宅などでは、給水管で送られてきた水はいったん受水槽に貯められ、各戸に水が送られます。この場合、受水槽への注ぎ込み口(ボールタップ)までが『給水装置』となります。

給水装置は誰のもの

道路などに埋設された水道本管(配水管)までは市で管理します。ただし、配水管から分岐した『給水装置』は、市で貸与している水道メーターを除きお客様の所有物となります。
『給水装置』は皆様の財産でありますので、この部分の新設、改造、修理などはお客様のご負担となります。いつも気をつけて管理しましょう。

給水装置の修理について

『給水装置』の修理は、蛇口のコマやパッキンの取替えなどの軽微なものを除き、水質の安全性を確保するため、市の指定を受けた給水装置工事事業者が行わなければなりません。
お客様自身で指定業者に依頼し修理を行ってください。

漏水修理費用の負担について

『給水装置』はお客様の所有物であることから、漏水修理費用も原則はお客様自身の負担となります。
ただし、下記の場合は水道事業所で修理を行いますので、漏水を発見した場合はご連絡ください。
  

上下水道部で修理を行う場所  

  1. 公道内での漏水(私用道路は除く)
  2. 第1止水栓(官民境界にある最初の止水栓)
  3. メーターボックス内(メーター、継手等) 

注)所有者等の管理によるもの等、植木等の移設や厚手のコンクリート等の取り壊しを伴うものは除く。

漏水認定申請

水道メーター以降で漏水した場合の水道料金(超過料金)については、軽減することができますので、修理が済んだら『漏水認定申請』をしてください。
※申請の際は、修理費の請求書または領収書をお持ちください。
※漏水箇所によっては、認定できない場合があります。

財産区分の図

この記事へのお問い合わせ

部署:上下水道部
電話番号:0194-52-2189