自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
  • ホーム
  • くらし
  • 税金
  • 固定資産税
  • 新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小企業・小規模事業者が対象の令和3年度固定資産税の軽減措置について
更新日:

新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小企業・小規模事業者が対象の令和3年度固定資産税の軽減措置について

概要

新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小企業者または小規模事業者が保有する事業用家屋や償却資産の令和3年度固定資産税が軽減されます。(土地は対象外)

要件・軽減率

令和2年2月から10月の期間で、任意の連続する3カ月の事業収入が前年同期比で次の減少率となっていた場合、事業用家屋や設備などの償却資産に対する令和3年度の固定資産税が以下のとおり減額となります。
前年同期比▲30%~▲50%未満の場合:1/2軽減
前年同期比▲50%以上の場合:全額免除

申請の流れ

初めに、認定経営革新等支援機関等で、以下の①~③の認定を受ける必要があります。
① 中小事業者等であること、②事業収入の減少、③特例対象家屋の居住等・事業用割合

次に、下記の「新型コロナウイルス感染症等に係る中小事業者等の事業用家屋及び償却資産に対する固定資産税の課税標準の特例措置に関する申告」にご記入のうえ、①~③の確認証を添付し、令和2年12月1日から令和3年2月1日までに久慈市税務課に提出してください。
※償却資産がある方は、令和3年度の償却資産申告書も併せて提出してください。

 

この記事へのお問い合わせ

部署:税務課
電話番号:0194-52-2114