自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

協力隊通信

協力隊通信は久慈市の地域おこし協力隊員また集落支援員の活動を市民のみなさんにお伝えするコミュニケーション媒体として創刊したものです。時機を捉えて各隊員・支援員の活動をレポートしてまいります。

協力隊通信 No.1

伝統文化はステキ! -剣舞衣装作り教室に参加- 

地域おこし協力隊員の深澤奈津実(ふかさわ なつみ)さん。今回は彼女の活動のひとこまをレポートします。観光交流課で活動をスタートさせたばかりの深澤さんですが、アイディア実践への一歩を踏み出すべく6月6日、山根公民館へ出向きました。また、同じく着任したばかりの協力隊員・前田比奈(まえだ ひな)さんも同行して、同地の文化と人々の温かさにふれました。

協力隊通信No.1 (1.1MB)
tusin1.jpg

 

協力隊通信 No.2   

心がふれあい笑顔があふれる -おじいちゃんおばあちゃんと中学生と-
仲良く出来たらいいな!

 8月27日、久慈市大川目町のボランティア団体「Dreamsブロッコリー」(主宰・高谷淳子氏)が地域の高齢者たちと心を通わせる交流会『仲良く出来たらいいな!』を開催、辻野忠協力隊員も裏方として開催をサポートしました。大川目公民館に参集したのは一般参加も含めて総勢80人ほど。‟ソフト″による地域おこしとはどのようなものなのかこの催事は教えてくれました。

協力隊通信No.2 (1.5MB)

tushin2.jpg

 

協力隊通信 No.3

海女サミットが教えてくれたこと

 11月4日・5日の2日間、三重県志摩市に日本全国また韓国の海女が集結して「海女サミット2016in志摩」が開催されました。今回の海女サミットには、小袖の海で観光海女として活動する久慈市地域おこし協力隊の藤織ジュンさんと前田比奈さんも「小袖北限の海女の会」の会長・大向広子さん、副会長・中川やえ子さんとともに参加、2人は海女漁や海女文化、海女の課題などについて多くの学びを持ち帰ってきました。

協力隊通信No.3 (1.5MB)

tushin3.jpg

この記事へのお問い合わせ

部署:地域づくり振興課
電話番号:0194-52-2116