自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

感染症に係る久慈市長メッセージ(令和5年12月1日)

インフルエンザの流行が続いています。岩手県から、インフルエンザ様疾患の患者発生状況(定点報告)が警報の基準値である30.00人を超え、11月29日に全県に「流行警報」が発令されたところです。

久慈地区におきましても、報告患者数が増加しており、今後さらに流行が拡大することが懸念されています。

冬期は、インフルエンザ、新型コロナ、感染性胃腸炎、RSウイルス等の様々な感染症が流行します。

インフルエンザの感染対策では、新型コロナの特徴を踏まえた基本的な感染対策が有効です。市民の中には、重症化リスクの高い方もいることから、マスクの着用、石鹸による手洗いや手指消毒、室内の換気等を心がけるようお願いします。

また、市では、高齢者及び乳幼児等のインフルエンザ予防接種、新型コロナワクチンの令和5年秋開始接種を実施しておりますので、感染を予防するとともに、万が一感染した際の重症化を予防するためにも予防接種を受けることをご検討ください。

今後におきましても、感染症予防のため、基本的な感染対策を継続するとともに、自分自身や大切な人の健康を守るため、市民の皆さま一人ひとりのご協力を引き続きお願いいたします。

 

令和5年12月1日       

久慈市長 遠藤 譲一

この記事へのお問い合わせ

部署:久慈市役所
電話番号:0194-52-2111