○環境パトロール員規則

平成18年3月6日

規則第82号

(設置)

第1条 廃棄物の不法投棄及び不適正処理の防止に努めるとともに、廃棄物の適正処理を推進し、もって環境の保全に資するため、環境パトロール員を置く。

(委嘱)

第2条 環境パトロール員は、10人以内とし、環境衛生に関する識見を有する者のうちから、市長が委嘱する。

(任期)

第3条 環境パトロール員の任期は、1年以内とする。ただし、補欠の環境パトロール員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 環境パトロール員は、再任されることができる。

(職務)

第4条 環境パトロール員は、市長の命を受け、次に掲げる職務を行うものとする。

(1) 廃棄物の不法投棄及び不適正処理の防止のために必要な巡回監視及び報告に関すること。

(2) 廃棄物の不法投棄及び不適正処理の発見及び報告に関すること。

(3) 廃棄物の適正処理に関する知識の普及啓発に関すること。

(4) その他廃棄物の適正処理の推進に関すること。

(身分証明書等)

第5条 環境パトロール員は、その証として環境パトロール員証(様式第1号)を携帯し、関係人からの請求を受けたときは、これを提示しなければならない。

2 環境パトロール員は、腕章(様式第2号)を着用しなければならない。

3 環境パトロール員は、退職したときは、直ちに身分証明書及び腕章を市長に返還しなければならない。

(報告)

第6条 環境パトロール員は、その職務に従事したときは、市長にその職務の内容を業務報告書(様式第3号)により、報告しなければならない。

(秘密を守る義務)

第7条 環境パトロール員は、職務上知ることができた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(補則)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月6日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日(以下「施行日」という。)の前日において、現に合併前の環境パトロール員設置要綱(平成13年久慈市告示第72号)の規定により委嘱されている環境パトロール員は、施行日から平成18年3月31日までの間、この規則の相当規定により委嘱された環境パトロール員とみなす。

画像

画像

画像

環境パトロール員規則

平成18年3月6日 規則第82号

(平成18年3月6日施行)