○下水道使用料納入奨励金交付要綱

平成18年3月6日

告示第105号

下水道使用料納入奨励金交付要綱を次のように定め、平成18年3月6日から施行する。なお、この告示の施行の日の前日までに、合併前の久慈市下水道使用料納入奨励金交付規程(平成4年久慈市告示第33号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

(目的)

第1 この告示は、下水道使用料の完納を促進するため、下水道使用料を納入する水道料金納入組合(以下「組合」という。)に対し、予算の範囲内で、奨励金を交付することを目的とする。

(奨励金の対象)

第2 奨励金の対象は、水道料金納入組合奨励金交付規程(平成18年久慈市水道事業所告示第6号)第2条に規定する組合の組合員が納付した下水道使用料とする。

(奨励金の額)

第3 奨励金の額は、組合が納期限までに納入した額に、次の表の左欄に掲げる納入成績に応じ、同表右欄に掲げる率を乗じて得た額とする。

納入成績

100パーセント

100分の1.5

95パーセント以上100パーセント未満

100分の1.25

85パーセント以上95パーセント未満

100分の1

(奨励金の交付申請)

第4 奨励金の交付を受けようとする組合は、下水道使用料納入奨励金交付申請書(別記様式)に年度末の組合員の名簿を添付し、3月末日までに市長に提出しなければならない。

(奨励金の交付決定)

第5 市長は、第4に規定する申請書の提出があったときは、内容を審査し、適当と認めたときは、交付すべき金額を決定し、その旨を組合に通知する。

(奨励金の返還)

第6 市長は、奨励金の交付を受けた組合が奨励金交付申請書に虚偽の記載をし、不当又は不正の事実があると認めた場合は、既に交付した奨励金の全部又は一部について返還を命ずることができる。

画像

下水道使用料納入奨励金交付要綱

平成18年3月6日 告示第105号

(平成18年3月6日施行)

体系情報
第11編 設/第5章 下水道
沿革情報
平成18年3月6日 告示第105号