○図書館条例施行規則

平成18年3月6日

教育委員会規則第23号

(趣旨)

第1条 この規則は、図書館条例(平成18年久慈市条例第173号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(休館日)

第2条 図書館の休館日は、次のとおりとする。

(1) 月曜日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「祝日」という。)に当たるときは、その翌日)

(2) 祝日

(3) 毎月末日

(4) 12月29日から翌年の1月3日までの日(第2号及び第3号に掲げる日を除く。)

2 図書館の館長(以下「館長」という。)は、必要があると認めるときは、教育長の承認を得て、前項の休館日以外の日において臨時に休館し、又は同項の休館日において臨時に開館することができる。

(開館時間)

第3条 図書館の開館時間は、次のとおりとする。

(1) 久慈市立図書館 午前9時から午後5時まで

(2) 久慈市立山形図書館 午前10時から午後6時まで

2 館長は、必要があると認めるときは、前項の開館時間を臨時に変更することができる。

(入館の制限等)

第4条 次に掲げる者は、入館することができない。

(1) 感染症(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第6条に規定する感染症(四類感染症を除く。)をいう。)の患者及びめいてい者

(2) 火薬、凶器等の危険物を携帯する者

(3) 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれのある者

(4) その他図書館の管理上適当でないと認める者

2 館長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、入館した者に対し、図書館からの退去を命ずることができる。

(1) 前項に規定する入館の制限に違反して入館したとき。

(2) 図書館の管理上必要があると認めるとき。

(3) その他公益上やむを得ない必要が生じたとき。

(図書館資料及び施設の利用)

第5条 図書館資料(以下「資料」という。)の利用は、すべて無料とする。ただし、資料を亡失し、又は汚損した者は、現品又は相当の金額で弁償しなければならない。

第6条 図書館に功労のある者及び館長が適当と認めた者には、資料の利用に特別の便宜を図ることができる。

第7条 館長は、資料及び施設の利用について必要な事項を定め、これを館内に掲示するものとする。

第8条 資料及び施設を利用するときは、館長の定める所要の手続を経なければならない。

(資料の寄贈及び寄託)

第9条 図書館は、一般から資料の寄贈を受けることができる。

2 寄贈について経費を要するときは、図書館がこれを負担することができる。

3 公衆に公開する目的で資料を図書館に寄託しようとする場合は、館長の承認を得なければならない。

4 寄託に要する費用は、原則として寄託者の負担とする。

5 寄託資料は、寄託者の請求又は図書館の都合によりこれを返還する。

6 寄託資料が天災その他不可抗力により汚損し、又は亡失した場合は、図書館は、その責めを負わない。

(図書館協議会の会長及び副会長)

第10条 条例第2条に規定する久慈市図書館協議会(以下「協議会」という。)に会長及び副会長1人を置き、委員の互選により選任する。

2 会長は、会務を総理し、会議の議長となる。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第11条 協議会は、久慈市立図書館の館長が招集する。

2 会議の日時、場所及び会議に付議すべき事項は、あらかじめ委員に通知しなければならない。

3 協議会は、委員の半数以上が出席しなければ、会議を開くことができない。

4 協議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

5 館長は、協議会の会議に出席して意見を述べることができる。

(庶務)

第12条 協議会の庶務は、久慈市立図書館において処理する。

(補則)

第13条 この規則に定めるもののほか、図書館の管理運営に関し必要な事項は、教育長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月6日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の久慈市立図書館規則(昭和30年久慈市教育委員会規則第2号)又は山形村立図書館管理運営規則(平成10年山形村教育委員会規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

図書館条例施行規則

平成18年3月6日 教育委員会規則第23号

(平成18年3月6日施行)