○久慈市水道事業所代決専決規程

平成18年3月6日

水道事業管理規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、久慈市水道事業の管理者の権限を行う市長(以下「市長」という。)が担任する事務について円滑な執行を期するとともに、責任の範囲を明らかにするため、事務処理の代決及び専決に関し必要な事項を定めるものとする。

(代決)

第2条 市長が不在のときは、所長が市長の事務を代決する。

2 市長及び所長が共に不在のときは、次長(担当次長が命ぜられた事務にあっては、担当次長。以下同じ。)が、市長及び所長の事務を代決する。

3 所長及び次長が共に不在のときは、主管の係長が、所長及び次長の事務を代決する。

(代決の制限)

第3条 代決者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、代決することができない。

(1) 事の重大又は異例に属するとき。

(2) 紛議論争があるとき、又は処理の結果紛議論争を生ずるおそれがあるとき。

(専決の制限)

第4条 次条以下に規定する専決事項であっても、前条各号のいずれかに該当する場合又は特に上司において事案を了知しておく必要があると認められる場合は、専決することができない。

(所長の専決事項)

第5条 所長の専決できる事項は、次のとおりとする。

(1) 次長の旅行命令に関すること。

(2) 次長の休暇、欠勤その他の服務に関すること。

(3) 次長の復命書の検閲に関すること。

(4) 照会、回答、通知、進達及び調査に関すること。

(5) 軽易な報告、協議及び申請に関すること。

(6) 法令、条例又は規則による一定基準に基づく許可、認可、登録及び承認に関すること。

(7) 事実の証明に関すること。

(8) 法令、条例又は規則に基づき受理した届出の処理に関すること。

(9) 法令、条例又は規則に基づく告示及び公告に関すること。

(10) 調定及び収入命令に関すること。

(11) 支出命令(次長の専決できるものを除く。)に関すること。

(12) 設計額1,000万円未満(変更の場合は、原設計額の10分の1以内で変更設計額が1,000万円未満とする。)の工事の執行(次長の専決できるものを除く。)に関すること。

(13) 1件1,000万円未満の物品の購入、修繕及び借上げ(次長の専決できるものを除く。)に関すること。

(14) 1品目30万円未満の不用品の売却(次長の専決できるものを除く。)に関すること。

(15) 予備費の充用に関すること。

(16) 予算の項内流用に関すること。

(17) 給水料金及び手数料(以下「給水料金等」という。)、使用料その他諸収入の調定及び納入額の告知に関すること。

(18) 企業債の償還に関すること。

(19) 不動産の登記嘱託に関すること。

(20) 給水料金等の滞納督促に関すること。

(21) 水道料金納入組合に関すること。

(22) 諸収入金に係る過誤納金の還付又は過誤払金の返納に関すること。

(23) 工事の執行及び物品の購入、修繕以外の1件500万円未満(契約を変更する場合は、原契約額の10分の1以内で変更契約額が500万円未満とする。)の支出負担行為(次長の専決できるものを除く。)に関すること。

(24) 国、県の負担金、補助金、交付金及び委託金の申請に関すること。

(25) 給水の制限又は停止に関すること。

(26) 給水の停止処分に関すること。

(27) 道路使用許可申請及び道路占用許可願い並びに工事施行願いに関すること。

(28) 水道使用承認の取消しの決定に関すること。

(29) 配水調整に関すること。

(30) 給水料金の減免に関すること。

(31) 試算表その他財務諸表の調整に関すること。

(32) 職員の事務引継ぎに関すること。

(33) その他前各号に準ずる事項

(次長の専決事項)

第6条 次長の専決できる事項は、次のとおりとする。

(1) 所属職員の旅行命令に関すること。

(2) 所属職員の休暇、欠勤その他の服務に関すること。

(3) 所属職員の超過勤務命令及び休日勤務命令に関すること。

(4) 当直勤務命令に関すること。

(5) 所属職員の事務分担に関すること。

(6) 所属職員の復命書の検閲に関すること。

(7) 1件1,000万円未満の支出命令に関すること。

(8) 設計額300万円未満(変更の場合は、原設計額の10分の1以内で変更設計額が300万円未満とする。)の工事の執行に関すること。

(9) 1件200万円未満の物品の購入、修繕及び借上げに関すること。

(10) 1品目10万円未満の不用品の売却に関すること。

(11) 1件100万円未満(契約を変更する場合は、原契約額の10分の1以内で変更契約額が100万円未満とする。)の支出負担行為(工事の執行、物品の購入、修繕及び借上げを除く。)に関すること。

(12) 軽易な照会、回答、通知、進達及び調査に関すること。

(13) 定例の報告に関すること。

(14) 軽易な事実の証明に関すること。

(15) 各種資料等の作成、収集及び配付に関すること。

(16) 公簿又は図面の閲覧に関すること。

(17) 行政文書の受領、発送、整理及び保存に関すること。

(18) 行政文書の開示の決定に関すること。

(19) 個人情報の開示、訂正及び利用停止の決定に関すること。

(20) 公印の管理及び公印の持出承認に関すること。

(21) 公用車の配車、運行及び管理に関すること。

(22) 給水装置工事の設計審査、材質検査及び完了検査に関すること。

(23) 使用水量及び用途の認定に関すること。

(24) 給水料金の前納に係る概算料金及び精算に関すること。

(25) 給水装置の検査及び措置に関すること。

(26) 給水装置の修理に関すること。

(27) 水道施設の修理及び応急復旧工事に関すること。

(28) 郵券及び葉書の受払いに関すること。

(29) 工事のしゅん工検査に関すること。

(30) 工事の10日以内の着手延期又はしゅん工延期に関すること。

(31) 電子計算機の管理に関すること。

(32) その他前各号に準ずる事項

附 則

この規程は、平成18年3月6日から施行する。

附 則(平成27年3月4日水管規程第5号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

久慈市水道事業所代決専決規程

平成18年3月6日 水道事業管理規程第3号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第14編 公営企業/第2章 組織・処務
沿革情報
平成18年3月6日 水道事業管理規程第3号
平成27年3月4日 水道事業管理規程第5号