○久慈市水道事業給水に関する規程

平成18年3月6日

水道事業管理規程第19号

(趣旨)

第1条 この規程は、久慈市水道事業給水条例(平成18年久慈市条例第183号。以下「条例」という。)の規定に基づき、給水に関し必要な事項を定めるものとする。

(分与禁止)

第2条 給水は、これを他人に分与し、又は販売してはならない。

(世帯単位)

第3条 条例において1戸とは1世帯をいい、1戸内に2世帯以上居住し、同一給水栓を連合使用するときは、世帯ごとに1戸とみなす。

(連合使用)

第4条 専用栓にして特に上下水道事業の管理者の権限を行う市長(以下「市長」という。)の承認を得て5戸以内に限り連合使用するときは、当該水栓所有者以外の使用者から共用栓の使用料を徴収する。ただし、給水使用者が給水装置の所有者でないときは、給水開始申込書(様式第1号)により申し込まなければならない。

(共用栓)

第5条 共用栓は、使用者2戸以上を標準として請求により設置する。ただし、共用栓の鍵の貸与を受けた使用者は、その使用を届け出た以外の者に鍵を使用させてはならない。

(代理人)

第6条 条例第4条の規定により、代理人を選定した場合は、給水装置管理代理人届(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

(管理人)

第7条 条例第5条の規定により、管理人を選定した場合は、給水装置管理人選任届(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(工事申込み)

第8条 条例第7条第1項の規定により、給水装置工事の申込みは、給水装置工事申込書(様式第4号)により行わなければならない。

(指定給水装置工事承認申請)

第9条 条例第8条第1項の規定により、給水装置工事を行う者は、指定給水装置工事承認申請書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(給水装置の譲渡等)

第10条 条例第18条の規定により、給水装置を売買し、又は譲渡しようとする者は、給水装置売買(譲渡)承認申請書(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

(給水申込み)

第11条 条例第20条の規定による給水の申込みは、給水開始申込書により行わなければならない。

(中止変更等届出)

第12条 条例第24条の規定による届出は、次に定めるとおりとする。

(1) 給水中止申込書(様式第7号)

(2) 水道廃止(滅失)(様式第8号)

(3) 水道使用者名義等変更届(様式第9号)

(4) 消火栓使用届(様式第10号)

(メーターの設置等)

第13条 メーターは、市長の指定する場所に設置し、その設置場所は、常に清潔にして検針その他の作業の支障となる物件を堆積し、又はメーターの機能を妨害してはならない。

(給水栓の位置)

第14条 申込者が設置する給水栓の位置について、市長が不適当と認めたときは、変更させることができる。

(利害関係人の同意)

第15条 他人の給水管から分岐して給水栓を設置しようとするときはその給水管の所有者の承諾書を、他人の土地又は家屋に給水管を布設しようとするときはその所有者の承諾書を添付して工事申込みをしなければならない。

(給水装置の制限)

第16条 1戸又は1箇所に対する分水は、2箇所以上に装置することができない。ただし、給水上支障がないと認めたもので市長の承認を得た場合は、この限りでない。

(工事費の概算納付)

第17条 市の施行する給水装置工事のうち、新設、増設又は変更工事については、当該工事費の概算額を納付した後でなければこれを施行しない。ただし、官公署、学校その他市長において特に認めるものについては、この限りでない。

(使用料等)

第18条 条例第29条の規定による計量制使用料中、家庭用以外の用途でメーター取付前に使用した専用栓の使用料は、計量制の基本料金と定額制の一部を併用算定した額とする。

2 装置場所の関係その他の理由により1個のメーターをもって使用料の異なる用途に併用する場合における使用料の算定については、基本料金の額の高いものによる。

(使用料算定の特例)

第19条 同じ月中に同一用途で給水装置を異にした水道使用の場合の使用料は、給水装置ごとに算定した額を合算した額とする。ただし、合算した基本料金の額が条例第29条に定める基本料金の額を超えないものとする。

(立入検査)

第20条 市長は、メーターの点検及び給水に関する調査等の必要がある場合は、上下水道部の職員をして検査をすることができる。

2 前項の規定により検査を行う職員は、身分を示す証票を携帯し、かつ、関係人から求められたときは、証票を提示しなければならない。

(簡易専用水道以外の貯水槽水道の管理及び自主検査)

第21条 条例第44条第2項の規定による簡易専用水道以外の貯水槽水道の管理及びその管理の状況に関する検査は、次に定めるところによるものとする。

(1) 貯水槽の掃除を1年以内ごとに1回、定期的に行うこと。

(2) 貯水槽の点検等有害物、汚水等によって水が汚染されるのを防止するために必要な措置を講ずること。

(3) 給水栓における水の色、濁り、臭い、味その他の状態により供給する水に異常を認めたときは、水質基準に関する省令(平成15年厚生労働省令第101号)の表の上欄に掲げる事項のうち必要なものについて検査を行うこと。

(4) 供給する水が人の健康を害するおそれがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、かつ、その水を使用することが危険である旨を関係者に周知させる措置を講ずること。

(5) 前各号の管理に関し、1年以内ごとに1回、定期に、簡易専用水道以外の貯水槽水道の管理者が給水栓における水の色、濁り、臭い、味に関する検査及び残留塩素の有無に関する水質の検査を行うこと。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成18年3月6日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の日の前日までに、合併前の久慈市水道事業給水に関する規程(昭和46年久慈市水道事業管理規程第2号)又は山形村給水条例施行規則(平成10年山形村規則第4号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの規程の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

附 則(平成27年3月23日水管規程第6号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月29日水管規程第1号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

久慈市水道事業給水に関する規程

平成18年3月6日 水道事業管理規程第19号

(平成31年4月1日施行)