自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

平庭闘牛大会

闘牛1.jpg

DSC_3438_1.jpg
闘牛2.jpg
平庭闘牛場.JPG

平庭高原にある専用闘牛場で開催される東北唯一の闘牛大会です。

久慈地域では古くから「南部牛」と呼ばれる短角種が飼育され、江戸時代には沿岸部で作られた塩を内陸部に運んでいました。その際に先頭にたつ牛(ワガサ)を決めるため角突きをさせたことが闘牛の始まりと言われております。

1トンを超える横綱級の牛たちが角つきをする姿は迫力満点で、牛の綱を引く勢子の動きにも注目です。会場では豪華景品が当たる抽選会が行われ賑わいます。

若牛の練習会として無料公開されている5月(わかば場所)のほか、6月(つつじ場所)、8月(しらかば場所)、10月(もみじ場所)が有料開催されています。

時期
  • わかば場所 ⇒ 5月下旬
  • つつじ場所 ⇒ 6月中旬
  • しらかば場所 ⇒ 8月下旬(令和2年8月23日 中止
  • もみじ場所 ⇒ 10月中旬(令和2年10月18日 開催予定)
場所

岩手県久慈市山形町来内 平庭闘牛場

問い合わせ先

いわて平庭高原闘牛会(産業建設課)0194-72-2129

この記事へのお問い合わせ

部署:産業建設課
電話番号:0194-72-2129