自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

風しんの追加的対策

2018年7月以降、特に関東地方において風しんの患者数が増加しており、患者の中心は30代から50代の男性です。このうち、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は公的な予防接種を受ける機会がありませんでした。抗体保有率を見ても、女性及び他の世代の男性(乳幼児を除く)と比較すると低くなっています。

早急に風しんの発生及びまん延を予防する対策が必要なことから、国は、令和4年(2022年)3月31日までの間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を風しんの定期予防接種の対象者として追加しました。

実施方法

対象者に対し、風しん抗体検査及び予防接種のクーポン券を送付します。
クーポン券を持参し、抗体検査及び予防接種を受けてください。

令和元年度クーポン券送付対象者

昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性
(ただし、昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた男性で、令和元年度に抗体検査及び予防接種を希望される方は、下記問合せ先までご連絡ください。クーポン券を発行いたします。)

利用料

無料

クーポン券の有効期限

令和2年3月31日まで

抗体検査の受け方

3通りの受け方があります。検査方法は採血です。

  1. 久慈市の国保特定健診の際に検査を受ける
  2. お勤め先の職場健診の際に検査を受ける(詳しくはお勤め先の担当部署等にご確認ください。)
  3. 医療機関で検査を受ける

必要な持ち物

  • クーポン券
  • 本人確認書類(運転免許証等、現住所を証明する書類)

予防接種の受け方

抗体検査の結果、抗体が十分でなく、予防接種が必要と判断された方は、受託医療機関で予防接種を受けてください。接種するワクチンは「麻しん風しん混合ワクチン(MR)」です。

必要な持ち物

  • クーポン券
  • 抗体検査結果通知
  • 本人確認書類(運転免許証等、現住所を証明する書類)

市内で抗体検査・予防接種を受けられる医療機関

事前予約が必要な医療機関もありますので、受診前に電話で確認することをお勧めします。

医療機関 電話番号
金子クリニック 61-1005
北リアス病院 53-2323
白岩小児科医院 53-4408
しろと内科循環器科クリニック 61-3330
竹下医院 53-0022
ちだ医院 61-3366
県立久慈病院※ 53-6131
山形診療所 72-2033

※県立久慈病院での受付は午前11時までです。抗体検査・予防接種は総合診療科で金曜日の10時から合わせて10名まで受け付けています。

市外で受診することもできます。全国の協力医療機関は、厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策について」から確認できます。※県立久慈病院での受付は午前11時までです。抗体検査・予防接種は総合診療科で金曜日の10時から合わせて10名まで受け付けています。

注意事項

久慈市から転出した場合など、クーポン券を発行した市町村と住民票がある市町村が異なる場合には、そのクーポン券は使うことができません。必ず住民票のある市町村からクーポン券の発行を受けたうえで受診してください。

この記事へのお問い合わせ

部署:保健推進課
電話番号:0194-61-3315