自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

学校給食食材の放射性物質濃度測定

学校給食に関し、より一層の安全安心を確保する観点から、久慈・山形両学校給食センターに測定機器をそれぞれ1台づつ配置し、放射性物質濃度の自主検査を実施しています。(運用開始 H24.7.2~)

測定結果

下記のリンクをクリックするとファイルをダウンロードします。

測定対象

  1. 流通市場を通さない食材
    〔産地直売所や個人農家などから直接仕入れる地場産物(野菜類)等〕で給食に使用予定かつ使用量の多い食材
  2. 当日提供前給食1食分

測定核種

セシウム134・セシウム137

測定使用機器

NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータ
型名等 (株)ニューケアメディカルシステム RADIQFS300

測定時期

学校給食提供前

基準値を超えた場合の対応方針

測定値が、国で定める食品中の放射性物質基準値を超えた場合、当該食材の使用を中止します。
同時に、再検査(県においてゲルマニウム半導体検出器による精密検査を予定)を実施し、原因究明をします。
なお、基準値以下であっても、基準値の1/2以上の測定値が検出された場合は、慎重を期し、当該食材の使用を中止し、再検査で基準値以下であることが確定されるまでの間は、当該食材の使用はいたしません。

測定結果

一度も放射性物質が検出されたことはありません。(検出限界値(どこまで微量の物質を計測できるかという測定機器の能力)からみた検出結果)
なお、測定結果はページ下部の添付ファイルのとおりです。

参考

国が定める食品中の放射性物質基準値(平成24年4月1日~)
食品群 基準値(単位:ベクレル/kg)
飲料水 10
牛乳 50
乳児用食品 50
一般食品 100

測定使用機器

この記事へのお問い合わせ

部署:学校給食センター
電話番号:0194-53-4394