自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

離婚後も婚姻中の氏を使用したいときは・・・

離婚すると婚姻前の氏に戻ることとなりますが、離婚後3ヶ月以内に届出をすることで、婚姻中の氏を引き続き使用することができます。
この届出を「離婚の際に称していた氏を称する届」といいます。

離婚の際に称していた氏を称する届は市役所市民課、山形総合支所、宇部・侍浜・山根の各支所で受け付けています。

届け出の際必要なもの

離婚の際に称していた氏を称する届書

婚姻中の氏の続称を希望する人本人の署名・押印が必要です。
用紙は市民課、各支所にございます。窓口にお申し出ください。

印鑑

届出人の印鑑をお持ちください。 

戸籍謄本

本籍地以外の市区町村に届出をするときは、戸籍謄本が必要です。
※離婚届と同時に届けるときは、離婚届に添付した戸籍謄本のみで結構です。

ご注意いただく点

  • 届出できるのは離婚届後3ヶ月以内です。離婚届と同時に届出することもできます。
  • 本籍地または住所地の市区町村で届出できます。
  • 本籍地の市区町村に届出をする場合は、戸籍謄本の添付は不要です。
  • 書き間違いをしたときは、訂正箇所に一本線を引いて、訂正印(届出に用いた印)を押印してください。

離婚の際に称していた氏を称する届ができない場合

  • 離婚後3ヶ月を過ぎるとこの届出はできません。
  • 婚姻中の氏と離婚後の氏の呼称が同じ場合は届出の対象外です。
  • この届出をした後に、婚姻前の氏に変更することはできません。

この記事へのお問い合わせ

部署:市民課
電話番号:0194-52-2117