自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

害虫駆除についてのお願い

スズメバチの駆除について

刺されると場合によっては、死に至ることもある大変危険なハチです。
巣を発見した時は、近づかないようにし、専門業者に駆除を依頼して下さい。
※市ではスズメバチの駆除は実施しておりません。

久慈市内の専門業者

業者名 電話
(有)宇部邦三商店 0194-56-2050
つしま(株) 0194-52-7377
(株)ダスキン久慈 0194-53-3900

※料金駆除に要する費用は自己負担となりますので、専門業者へご相談下さい。

アメリカシロヒトリの駆除について

アメリカシロヒトリは、サクラやプラタナスなどに巣をつくり、葉を食い荒らす害虫です。
発生時期は例年、5月から7月までと、8月から9月までの年2回と言われれており、早期防除が大切です。
これを放置すると、被害範囲が拡大し、となり近所にまで迷惑をかけることになりますので、見かけた時はお互いに声を掛け合い駆除しましょう。

一般的な防除の方法

手の届くところの防除

巣ごとに枝を切り取り幼虫を踏み潰すなどして駆除する。

その他の防除

ディプテレックス乳剤1,500倍の水で薄めた液を散布し駆除する。
※ディプテレックス乳剤は農薬であることから定められた使用方法を必ず守って使用するようにして下さい。
※薬剤を散布するときは風向きに注意し、発生している樹木以外に飛散しないように注意して下さい。
※となり近所の方に薬剤散布することを事前に連絡し、駐車中の車両や洗濯物にかかったり、散布直後に樹木の下を通ったりすることのないようにして下さい。

このほか、竹竿の先に油をしみこませた布に火をつけて巣網ごと焼却する方法もありますが、火災の心配がありますので、場所を選ばなければなりません。

私有地及び社有地等は、自己責任で駆除されるようご協力をお願いします!

この記事へのお問い合わせ

部署:生活環境課
電話番号:0194-54-8003