自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

ツキノワグマ出没に関する注意喚起について

ツキノワグマの出没にご注意ください

 春は冬眠明けのクマがエサを求めて活発に行動する時期です。

 山菜採りやレジャー等で山林に入る際は、予期せずクマと遭遇し、被害に遭う危険性が常にあることを意識していただき、入山するかどうか十分に検討するとともに、入山する際は下記の事項に留意し、十分な対策を講じるようお願いいたします。

 また、今年度も人里への出没が報告されています。クマを寄せ付けない対策を積極的に行い、被害を未然に防ぎましょう。

山林内(クマの生息域)における対策

・山林はクマとの遭遇リスクが高いことから、山林に立ち入る際はその必要性を改めて十分に吟味する。

・事前に入山地域の出没状況や被害情報を確認する。

・複数人で行動し、鈴やラジオ等の音の出るものを携行する。

・明け方、夕方の入山を避ける。

・撃退グッズ(忌避スプレー、鉈等)を携帯する。

・クマの糞や足跡を見たら引き返す。

・山菜採りや釣り等の際は、下や前だけを見ないで周囲の状況を確認する。

人里における対策

・廃棄野菜や生ゴミ、コンポストの管理を適切に行う。

・農地周辺のやぶを刈り払い、見通しの良い環境を整備する。

・電気柵を設置し、クマを寄せ付けない対策をする。

・庭先果樹は適期がきたらなるべく速やかに収穫する。

・野外やクマが侵入できる納屋に果物、穀物、ペットフード等を保管しない。

クマに遭遇した場合の対策

・持ち物(リュック等)を静かに置いて、目を離さず静かにゆっくりと後退する。

・クマとの間に木や岩を挟むようにする。

・風向きに注意して忌避スプレーを使う。

・至近距離でクマと突発的に遭遇した場合は、両腕で顔面や頭部を覆い、直ちにうつぶせになる等して重大な障害や致命的なダメージを最小限にとどめる。

この記事へのお問い合わせ

部署:林業水産課
電話番号:0194-52-2122