自動的(じどうてき) に ふりがなを 表示(ひょうじ) しています。   ふりがなをはずす
このページの本文へ
更新日:

内間木洞まつり・氷筍観察会

氷筍.JPG

1DSC_3593.JPG
内間木洞まつり.JPG
内間木洞氷筍まつり.JPG

岩手県指定天然記念物「内間木洞」は国内屈指の総延長を誇る鍾乳洞で、コウモリをはじめ貴重な生物が生息しています。普段は非公開となっており、入洞できるのは年2回のみとなっています。

洞内では長い年月をかけ自然が造形した神秘的な景観を見ることができる他、厳冬期には、日本でも数か所しか見ることができないと言われている、地面から伸びる氷の柱「氷筍」が群生し、幻想的な光景を観察することができます。

 

時期

7月第2日曜日、2月第2日曜日

内間木洞まつり 令和4年7月10日(日曜日)10:00~15:00

氷筍観察会   令和5年2月12日(日曜日)調整中

場所

岩手県山形町小国 内間木洞

問い合わせ先

小国自治会 0194-75-2150

添付ファイル

この記事へのお問い合わせ

部署:小国自治会
電話番号:0194-75-2150